雨漏りの兆候と、見つけた時の対応

雨漏りと聞くと、雨の日に天井から雨水がぽとぽと落ちてくる情景をイメージすることが一般的でしょう。しかし、実は、これは相当状況が進行している状態です。屋根と部屋の天井にはいくつもの構造があります。屋根の傷や穴、浮いた隙間からはいりこんだ雨は、じわじわと内部に侵入し、内部にカビや腐食を引き起こしながら溜まっていきます。

雨水が天井から落ちてきている場合は、もはや溜める余地もなくなった状態ということです。こうなると、雨漏り修理をするのに、屋根を剥がして中の構造部から直さなければならず、時間も費用も掛かる大がかりなものになってしまいます。天井や壁の上部にシミができている、一部が膨らんでいる、結露が多くなる、ふすまや障子が波立っているといった状態に気がついたら、雨漏りが起きている可能性があります。雨漏りのサインを見つけたら、速やかに対策をとりましょう。

早めの対応で、費用を抑えて修繕することができます。内部の腐食をふせぎ、大切な住まいを守ることに繋がります。素人が屋根に上がって調べるのは危険な上、どこから雨が侵入しているか見つけられない可能性もあります。雨は屋根からだけでなく、外壁のひび割れや剥がれ、窓の隙間などから侵入することもあります。

雨漏り修理会社に任せる方が確実でしょう。ほとんどの修理会社は、相談や現地調査、見積もりを無料で行ってくれますので、複数の会社を選んで相見積もりをとることをおすすめします。きちんとした説明もなく、契約をせかすようなところは避けた方が無難です。水漏れの修理のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です