雨漏り修理は早ければ早いほど良い

建ててから年月が経ち、築年数の古い建物の場合、色々なことを注意しメンテナンスしなければなりません。その中で特に注意しなければならないのが、雨漏りです。雨漏りしていることに気づいていても、特に目立った障害が無いと、雨漏り修理をせず、そのまま放置する人もいますが、とても危険です。雨漏りは、その部分だけでなく、屋根からいろいろなところを伝って目に見える部分まで来ています。

木造の場合は、屋根裏も木材でできているので、その木の部分を水で濡れてしまいます。日にさらされている部分であれば、日光により乾きますが、内部の日が当たらない場所は完全に乾ききることが無く、湿ったままとなるため、その部分にカビが生えたり、腐ってしまうこともあります。腐ってしまった場合、雨漏り修理も単純なものでは無くなり、もしその部分が建物全体を支える重要な柱であったとすると、建物自体をほぼ立て替えしなければならなくなってしまいます。こういった可能性をなくすため、特に築年数の古い建物は雨漏りに十分注意し、ある場合はいち早く専門業者に雨漏り修理をしてもらうことが大切です。

雨漏りは、水がポタポタ上から落ちてくれば誰でも気が付きますが、漏り始めは気付くのが遅れることも多いです。天井などの壁紙が変色していたり、シミが出来ている場合は、雨漏りをしている可能性がかなり高いです。こういったことを発見した時点で専門業者に相談することをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です