Wifiは高速通信のところが良い

無線LANの速度が低下したときに試すと良い方法とは

無線LANの通信速度が低下したときに試みることができる対処法はたくさんあります。

まず、最も簡単な対処方法は、ルーターを端末の近くに置くか、端末を持ってルーターの近くまで移動する方法です。無線LANの通信速度はルーターと端末との間の距離に応じて変わるため、この方法を用いれば問題が解決する可能性があります。

しかし、ルーターが簡単に移動させられないような場所に設置されている場合だと無線通信をする度にルーターのある場所まで移動しなければならず、あまり現実的な解決方法とはいえません。根本的に無線LANの速度低下の問題を解決したければ、原因をきちんと調べて、それに適した方法で対処する必要があります。

例えば、電波の干渉が原因となっている場合は、干渉の原因となっている機器を別の場所に移動させたり、電源を切ることで無線LANの通信速度が回復する可能性があります。これは、無線通信で主に利用されている2.4GHz帯と5.0GHz帯は、電子機器や家電製品の多くも利用しているためです。また、近くに別の無線によるネットワークが構築されていることがスピード低下の要因となっている場合は、メインで使用する周波数帯を変えることでスピードの低下が抑えられることがあります。

ルーターの動作不良が無線LANの速度低下を招いている場合は、再起動をしたり、ファームウェアを最新版に更新してみましょう。再起動をすればルーターと端末やインターネットの間に生じている通信上の問題をリセットすることができ、ファームウェアを更新すれば動作において問題となっていた部分が解消され、通信の品質が良好な状態に戻る可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です